海外旅行前に知っておきたい医療情報

空気の乾燥もリスクファクターとなるので、飛行機では注意が必要です

万が一のときは救急病院へ

心筋梗塞と並んで海外旅行中の日本人の死亡原因のトップを占める脳卒中ですが、その予防には旅行中は勿論、常日頃から動脈硬化を促進する高血圧、糖尿病、脂質異常症(コレステロール、中性脂肪の数値が高い)、喫煙、飲酒、肥満などのリスクファクターに注意が必要です。

服薬をされている方は、出発前から適切な薬の管理を行い、旅行中もしっかり服用を続けることが大切です。長距離の旅行で、大幅な時差が生じた場合には、薬を飲む時間を間違えないようにしましょう。

食事面では、カロリーの取り過ぎに気をつけ、旅行中といえども食事内容にも気をつけるようにしましょう。

喫煙は、脳卒中だけでなく心疾患のリスクファクターでもあります。脳卒中や心疾患の既往がある方の場合、禁煙は絶対です。
飲酒は、ビール1本や日本酒1合程度の少量でしたら血管の拡張作用もあるため健康に悪くありませんが、過度になると脳卒中の危険性が増大します。アルコールの摂取は脱水を促進しますので、飛行機内や発汗後の飲酒はNGです。脱水症状になると血液の粘度が高くなるため、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。

気候が乾燥している場合や気温が高い場合も注意が必要です。運動して汗をかいた後も同様です。また飛行機内もかなり乾燥して、湿度も10〜15%程度しかありません。10時間のフライトで約800ccの水分が失われますので、こまめに水分を摂取する必要があります。また旅行中には下痢になる方も少なくありませんが、このときも脱水には気をつけてください。

脳出血の既往のある方や、高血圧の方は旅行中も十分な血圧管理が求められます。血圧がしっかり安定した状態で出発することが重要です。可能であれば旅行中も血圧測定を行えればベストです。

脳卒中の代表的な症状は、強烈な頭痛と吐き気・嘔吐、痺れ・脱力、言語障害、意識障害、眩暈、物が二重に見えるなどですが、こういった症状が現われた場合は、現地の救急車を要請するか、救急病院を速やかに受診しましょう。

海外旅行傷害保険には、日本語対応の病院が紹介されているため、そちらのほうが便利そうに思えますが、日本語の通じる病院を探したり、保険会社や時差のある日本に問い合わせをしていると、貴重な時間をロスしてしまいます。脳卒中は一刻を争う疾患ですので、症状が悪化しないうちに迷わず救急車を呼びましょう。